マイクロスコープを用いた根管治療や審美治療

マイクロスコープを用いた治療

マイクロスコープを用いた治療

精密で安全、審美にもつながる治療です

マイクロスコープを使った精密歯科治療をすると、肉眼では見えない細かな部分まで治療を行いますので、様々なメリットがあります。

マイクロスコープを用いた精密治療
img-micro2抜いた方がいいと言われたその歯、抜かずに済むかもしれません
マイクロスコープを用いた虫歯治療では、患部を高倍率で見ることによって、虫歯部分とそうでない部分をはっきりと見極めることができます。それにより、本当に悪い部分だけを削り、削る歯の量を最小限にとどめることが出来ます。そのため痛みも少なくて済みます。また、削った部分をレジンなどで封鎖していく段階でも、肉眼では見えないわずかな隙間を見逃しません。段差なく、隙間なく詰めていくことで、審美的にも美しく自然な形態を再現できます。なるべく自分の歯を残したいという患者さま、銀座クリスタルデンタルオフィスにお任せください。

歯科治療でマイクロスコープを使用するメリット

  • 細かい部分まで精密な治療ができる
  • 歯を削りすぎることがなくなる
  • 治療がより正確でキレイな仕上がりになる
  • パソコンモニターやテレビで治療がリアルタイムに見られる
h3-microscope2
根管内は、非常に複雑なつくりになっており、従来の手指の感覚だけを頼りに行う治療では、根管内に汚れが残ったまま根管治療を終えてしまう事があります。これにより、従来の治療では、治療後半数以上の方が再治療となっています。しかし、マイクロスコープを使用することにより、視野を肉眼の3~20倍に拡大。根管内を直接見ることができ、中の感染物を確実に取り除けるようになったのです。従来の治療法に比べて一回の治療時間は長くなりますが、より確実な結果を得ることができます。

img-micro3
マイクロスコープを用いた審美治療
img-micro4審美歯科治療では、歯を適切に削るため30~40ミクロンという、非常に高いレベルの精度を必要とします。マイクロスコープによる精密な治療では、数ミクロン単位の精度の高い治療を行うことが可能となります。
マイクロスコープを用いた審美歯科治療では、診査診断、形成、圧排、セットと多くのステップにおいてマイクロスコープを使用することで、患者様の歯にぴったりと合った補綴物を作ることができます。また、元の歯と人口の歯との隙間をなくすことで、虫歯の再発を防ぎ、かぶせものの耐久性を向上させます。

こんな方にオススメです

  • 歯を削る量を最低限にしたい
  • 細かいところまで違和感のない仕上がりにしたい
  • 美しさだけではなく、耐久性や機能性にもこだわりたい
  • 治療後のトラブルをなくしたい