歯科一般

むし歯の治療について

むし歯の治療について

歯の治療内容は、進行具合によって異なります。
当院では天然歯を長く残すことができるよう、なるべく抜かない・削らない治療を心掛けています。
保険治療・自費治療など、患者様のご希望にあわせた治療をご提案させていただきます。

むし歯になる原因

むし歯になる原因は色々ありますが、お口の中の細菌が歯の表面の一番硬いエナメル質を溶かしてしまうことから始まります。その後エナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へまで進行し、神経まで届くと強い痛みを感じます。歯は体の中で唯一自然治癒しない臓器です。そのため、定期検診はもちろんですが、ホワイトニングなどをする際にも、口腔内のチェックやクリーニングをしていただくことをおすすめします。

むし歯の状態(軽度〜重度)
C0・・むし歯の初期段階

自覚症状はありませんが、歯の表面に黒いところに不透明なにごりができます。
治療:フッ素塗布やシーラントで治すことが可能です。

C1・・むし歯の初期段階

歯の表面(エナメル質)のみのむし歯です。自覚症状はまだありません。
治療:むし歯部分のみを削り、白い被せ物を詰めます。

C2・・むし歯の中期段階

象牙質まで進行したむし歯です。冷たいものがしみることがあります。
治療:むし歯部分を削り、白い詰め物、または金属の詰め物をします。

C3・・むし歯の中期段階

歯の神経(歯髄)までむし歯菌に感染してしまっている状態です。夜眠れないほどのずきずきした激しい痛みがあります。
治療:神経の処置が必要になるため、根管治療を行います。

C4・・むし歯の末期段階

歯冠の大部分がなくなり、歯の根っこの先にも膿がみられる状態です。
治療:根管治療や歯の延命のための治療を行いますが、症状によって保存が不可能な場合には抜歯が必要となります。

C0・・むし歯の初期段階

自覚症状はありませんが、歯の表面に黒いところに不透明なにごりができます。
治療:フッ素塗布やシーラントで治すことが可能です。

C1・・むし歯の初期段階

歯の表面(エナメル質)のみのむし歯です。自覚症状はまだありません。
治療:むし歯部分のみを削り、白い被せ物を詰めます。

C2・・むし歯の中期段階

象牙質まで進行したむし歯です。冷たいものがしみることがあります。
治療:むし歯部分を削り、白い詰め物、または金属の詰め物をします。

C3・・むし歯の中期段階

歯の神経(歯髄)までむし歯菌に感染してしまっている状態です。夜眠れないほどのずきずきした激しい痛みがあります。
治療:神経の処置が必要になるため、根管治療を行います。

C4・・むし歯の末期段階

歯冠の大部分がなくなり、歯の根っこの先にも膿がみられる状態です。
治療:根管治療や歯の延命のための治療を行いますが、症状によって保存が不可能な場合には抜歯が必要となります。

歯周病

歯周病と健康な歯

歯周病は、歯を支えている組織に起こる感染症です。歯の表面に付着した歯垢(プラーク)の中にいる歯周病菌が、歯と歯ぐきの間に入り込み、歯を支えている組織(歯ぐきや骨など)に炎症をもたらします。放っておくと歯を失う原因にもなるため、早期治療が大切になります。

歯周病の症状

歯周病は、自覚症状が出る頃にはすでに症状が進んでいる場合がほとんどのため、早期発見が難しい病気です。
下記は歯周病の症状です。1つでも当てはまる場合には早めに受診いただくことをおすすめします。

  • 歯ぐきから血がでる
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきが痛い痛むことがある
  • 歯がぐらつく
  • 歯ぐきがむずがゆい感じがする
  • 口臭が気になる
  • 歯肉の色が悪い・黒い
  • 歯がしみる

歯周病の原因

歯周病の直接の原因は、プラーク(歯垢)です。プラーク中にはむし歯菌や歯周病菌がたくさん潜んでいます。歯周病菌は、歯磨きを怠ったり砂糖を取り過ぎたりすると、歯周ポケット内で増殖します。また、産出する毒素や酵素によって歯周組織に炎症を引き起こし、歯槽骨を溶かす歯周病へと進行していきます。

歯周病の治療について

スケーリング

スケーリングは、器具を使い歯肉縁上および歯肉縁下の歯面から、プラーク(歯垢)や歯磨きでは取り除くことができない歯に付着した歯石、歯周ポケットに溜まった歯垢を除去する治療法です。

ルートプレーニング

ルートプレーニングは、届かない歯周ポケットの奥深くの歯の根に浸透している歯垢や、歯石を特殊な器具を用いて取り除き、再び歯石や歯垢が付着しないように歯根面を硬く滑沢な面に仕上げる治療法です。ルートプレーニングを行うことで、歯ぐきの炎症が抑えられ、歯周ポケットの深さも浅くなるため、歯周病の進行を抑えることができます。

親知らずの抜歯

親知らず

当院では、親知らずが周りの歯に影響を及ぼさなければ、抜く必要はないと考えています。
しかし、口腔内の奥にあり、歯磨きがしっかりとできないためにむし歯になる可能性も多くあります。
親知らずが生えたら、残したほうがいいのか、抜いたほうがいいのか、一度ご相談いただくことをおすすめします。

検診・メンテナンス

親知らずの治療について

検診・メンテナンス

定期的に検診やメンテナンスを受けていただく事で、再発予防に繋がります。 治療の時間や経済的な負担も減らしていただく事を考えると、予防のために通院いただく事が重要だと当院では考えてます。
美容院感覚で、歯の定期健診、クリーニングで当院をご利用いただけたらと思います。

親知らずの症状

  • 奥歯のあたりが痛い、腫れる
  • 奥歯のあたりから臭いや変な味がする
  • 口が開きにくい、口を開けるときに痛い
  • 口が開けづらい
  • 歯ならびが悪くなってきた(親知らずが歯列を押している)

レントゲンを撮り、見えない部分も確認した上で治療計画を行います。痛みがある場合に早めにご相談ください。

親知らずの抜歯について

親知らず抜歯

親知らずの抜歯には、次のようなメリット・デメリットがあります。

親知らずの抜歯

インビザラインとは、アメリカのアライン・テクノロジー社が歯科医院に提供している世界80ケ国、500万人以上の方が利用している 目立たない、取り外しが可能の、オーダーメイドマウスピース矯正装置です。
当院では、アライン・テクノロジー社認定のインビザラインドクターが治療を行っています。

メリット
  • 歯磨きがしやすくなる
  • 歯並びが悪くならない
  • むし歯、歯周病のリスクが下がる
デメリット
  • 生え方によっては腫れる場合がある
  • 傷が治る1ヶ月の間は抜いた場所に食べ物が詰まることがある

抜歯の流れ

状態の確認

親知らずが痛む方には、まず炎症の状態を精査し消炎処置を行います。次に、抗菌薬を処方して急性の症状を抑えます。
※後日炎症が治まったのを見極めて、親知らずを抜歯します。

抜歯

痛みがない方はすぐに抜歯をすることができます。
歯の頭が抜きやすい位置にある場合には数分で抜けるため、麻酔後の痛みや腫れもほとんどありません。
斜めに骨の中に埋っているような場合には抜くのに時間がかかることがあります。麻酔をしながら行なうため処置中の痛みはほとんどありませんが、術後少し腫れる場合もあります。

pagetop